長期間に渡って実施する全身脱毛

"脱毛はただ単に無駄毛の処理をすれば良いということではなく、お肌のことも考えながら実践する必要があります。
特に毛抜きなどを利用してしまうと、毛穴から細菌が侵入してしまい思わぬ病気になってしまうこともあるのでご注意ください。全身脱毛は一日で終わると思っている方が多いですが、決してそんなことはありません。
お肌への負担が大きい全身脱毛というのは、とにかく適切な施術と時間が必要になることから、必然的に時間がかかってしまうのです。

 

全身脱毛に必要な期間は、約一年が最短サイクルであり、長期的な施術が必要となります。
ただし無駄毛の量が多かったり、太い毛の場合には、1年以上かかってしまうこともあるので、この一年は目安として考えてください。

 

最善の結果を出すために、全身脱毛について理解をする必要がありますので、一年以上全身脱毛に期間が必要なこともあります。
しかし多くの方が一年で完了しているので、目安として全身脱毛にかかる期間は一年と頭に入れておきましょう。"



長期間に渡って実施する全身脱毛ブログ:22-12-04

皆様は、
減量を始めてしばらくして、
順調に減っていた体重が
急に減らなくなった経験ありませんか?

これって、
減量の停滞期というものなんですよね。
減量をしている方なら、
必ず誰でも経験することだと思います。

その時に、
もう限界なのかなぁ〜と勝手に思い込んで
減量をやめてしまったり、
もうこれ以上は続けられないと、
減量をあきらめてしまったりしてはダメなんです。

せっかくこれまでがんばってきたのですから、
続けて減量を行なっていれば、
また必ず体重は減っていきます。

どうして停滞期という現象が起こるのかというと…

減量で食事の量が減ると、
今まで摂っていた量の栄養分が肉体の中に入ってこないため、
肉体は栄養をあまり使わないようにします。

それと同時に、
せっかく肉体の中に入ってきた栄養分は、
これまで以上に必死に蓄えようとします。

停滞期に体重が減らなくなったからといって、
今まで以上に必死になって、
減量を行なったりするのは危険!

停滞期は、
肉体が危険信号を発している状態でもあるからです。

停滞期の時は、
何も変えずにそれまで行なっていた減量を続けましょう!
今は停滞期なんだなぁ〜と
楽な気持ちで過ごすのがいいと思いますよ。

もし、ふた月程経過しても体重が再び減ってこなければ、
そこで一度減量を見直してみると良いでしょう。

順調期と停滞期を繰り返しながら減量していくので、
停滞期に入ったときはあきらめずに続けてくださいね。